正覚坊(読み)ショウガクボウ

大辞林 第三版の解説

しょうがくぼう【正覚坊】

アオウミガメの異名。
大酒飲み。 「余程-と見えるわえ/歌舞伎・与話情」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

正覚坊 (ショウガクボウ)

動物。ウミガメ科のカメ。アオウミガメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうがく‐ぼう シャウガクバウ【正覚坊】

〘名〙
① 「あおうみがめ(青海亀)」の異名。《季・夏》 〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕
② 多量に酒を飲む人。大酒家。
歌舞伎・与話情浮名横櫛(切られ与三)(1853)四幕「やりたいと云はっしゃるは、余程正覚坊と見えるわェ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android