武士は相身互い(読み)ぶしはあいみたがい

ことわざを知る辞典「武士は相身互い」の解説

武士は相身互い

武士同士は、互いを思いやるものである。

[使用例] 武士は、敵味方に別れても、相見互いじゃと存じたによってかほどまで、寛大な取り扱いを致したのは、われらが寸志じゃに、それが各々方に判らなかったとは、心外千万じゃ[菊池寛*乱世|1921]

[解説] 建て前を重んずる武士の生活のさまを表すことわざとして、「武士は食わねど高楊枝」があります。武士が誇り高いことのたとえですが、腹は減ってもひもじゅうないという生活を強いられる武士にとっては、同じ境遇にある者同士互いを思いやることは暗黙の内に求められたことであったでしょう。

〔異形〕侍は互い/もののふは相身互い

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「武士は相身互い」の解説

ぶし【武士】 は 相身互(あいみたが)

武士同士は同じ立場であるから、互いに思いやりをして助け合わねばならないということ。また、そのような間柄
浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)五「お前もお侍の果そふなが武士は相身互」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android