高楊枝(読み)タカヨウジ

  • たかようじ ‥ヤウジ
  • たかようじ〔ヤウジ〕
  • 高×楊枝

デジタル大辞泉の解説

ゆうゆうと食後の楊枝を使うこと。満腹のさまにいう。「武士は食わねど高楊枝
何もしないでいること。ぶらぶら遊んでいること。
「那麼(そんな)思想は全く自分には無いからと―である」〈紅葉多情多恨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 食後にゆったりと楊枝を使うこと。満腹のさまにいう。「武士は食わねど高楊枝」
※日葡辞書(1603‐04)「Tacayǒjiuo(タカヤウジヲ) ツカウ〈訳〉長い楊枝でのんびり、作法を気にしないで歯をほじる」
② 何もしないでいること。また、ぶらぶら遊んでいるさま。
※雑俳・ふでりきし(1797)「高楊枝貧に放さぬ腰の物」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android