高楊枝(読み)タカヨウジ

  • たかようじ ‥ヤウジ
  • たかようじ〔ヤウジ〕
  • 高×楊枝

デジタル大辞泉の解説

ゆうゆうと食後の楊枝を使うこと。満腹のさまにいう。「武士は食わねど高楊枝
何もしないでいること。ぶらぶら遊んでいること。
「那麼(そんな)思想は全く自分には無いからと―である」〈紅葉多情多恨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

食後にゆったりと楊枝を使うこと。満腹したさまにいう。 武士は食わねど-
何もしないでぶらぶら遊んでいること。 那麽そんな思想は全く自分には無いからと-でゐる/多情多恨 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 食後にゆったりと楊枝を使うこと。満腹のさまにいう。「武士は食わねど高楊枝」
※日葡辞書(1603‐04)「Tacayǒjiuo(タカヤウジヲ) ツカウ〈訳〉長い楊枝でのんびり、作法を気にしないで歯をほじる」
② 何もしないでいること。また、ぶらぶら遊んでいるさま。
※雑俳・ふでりきし(1797)「高楊枝貧に放さぬ腰の物」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報