コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武川忠一 むかわ ちゅういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武川忠一 むかわ-ちゅういち

1919-2012 昭和-平成時代の歌人。
大正8年10月10日生まれ。早大在学中に窪田空穂(うつぼ),窪田章一郎に師事し,昭和21年「まひる野」創刊に参加。青年歌人会議や東京歌人集会の結成にもくわわる。53年早大教授。57年「音」を創刊,主宰。同年「秋照」で迢空(ちょうくう)賞,平成9年「翔影」で詩歌文学館賞。19年「窪田空穂研究」および過去の全業績で現代短歌大賞。自己の内面を問う歌に特色があった。平成24年4月1日死去。92歳。長野県出身。歌集に「氷湖」「青釉(あおゆう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

武川忠一の関連キーワードNAKIWARAI歌会(うたかい)短歌(雑誌)窪田 章一郎短歌(文学)生活と芸術尾山篤二郎小島ゆかり半田良平尾上柴舟水野葉舟松村英一国民文学短歌研究宇都野研玉井清弘植松寿樹濁れる川土岐善麿矢代東村

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android