コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窪田章一郎 くぼた しょういちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

窪田章一郎 くぼた-しょういちろう

1908-2001 昭和-平成時代の歌人,国文学者。
明治41年8月1日生まれ。窪田空穂(うつぼ)の長男。昭和8年「槻(つき)の木」に参加。21年「まひる野」を創刊,主宰。24年母校早大の教授。歌集「ちまたの響」「薔薇(ばら)の苗」などを発表,55年「素心臘梅(ろうばい)」で迢空(ちょうくう)賞,63年「窪田章一郎全歌集」で現代短歌大賞。平明な歌風に定評がある。平成13年4月15日死去。92歳。東京出身。著作に「西行の研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

窪田章一郎
くぼたしょういちろう
(1908―2001)

歌人、国文学者。長野県生まれ。父は空穂(うつぼ)。早稲田(わせだ)大学文学部国文科卒業。同大学教授(のち名誉教授)。文学博士。1946年(昭和21)『まひる野』創刊主宰。平明で柔軟な調べによる、生活、人生への愛情深い作に特色があり、対象を受容する心情の豊かさが個性的である。歌集『初夏の風』(1948)、『ちまたの響』(1950)、『薔薇(ばら)の笛』(1972)など。『素心臘梅(そしんろうばい)』(1979)は迢空(ちょうくう)賞受賞。ほかに『西行(さいぎょう)の研究』(1961)などの研究書も多い。歌会始(はじめ)選者、『毎日新聞』歌壇選者を務めた。[武川忠一]
 ちかぢかと夜空の雲にこもりたる巷(ちまた)のひびき春ならむとす
『篠弘、島田修三編『窪田章一郎歌集』(1992・短歌研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

窪田章一郎の関連キーワード窪田 章一郎馬場あき子後撰和歌集古今和歌集玉井清弘武川忠一岩田正歌人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

窪田章一郎の関連情報