コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窪田空穂 くぼた うつぼ

8件 の用語解説(窪田空穂の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

窪田空穂

歌人。長野県生。名は通治。小山内薫らと『山比古』を創刊。文化功労者芸術院会員。昭和42年(1967)歿、89才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くぼた‐うつぼ【窪田空穂】

[1877~1967]歌人・国文学者。長野の生まれ。本名、通治。早大教授。新詩社歌人として出発。万葉・古今・新古今の評釈などにすぐれた業績を残した。詩歌集「まひる野」、歌集「土を眺めて」「鏡葉」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

窪田空穂【くぼたうつぼ】

歌人,国文学者。本名通治。長野県生れ。東京専門学校(現,早稲田大学)卒。のち早大教授。《文庫》に投稿。初期の《明星》に参加したが,1年ほどで離れ,小説に力を注いだ。
→関連項目千家元麿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

窪田空穂 くぼた-うつぼ

1877-1967 明治-昭和時代の歌人,国文学者。
明治10年6月8日生まれ。草創期の「明星」にくわわる。大正3年「国民文学」を創刊,人生を詠嘆する独自の歌風をたてた。大正15年から昭和23年まで早大教授。33年文化功労者。昭和42年4月12日死去。89歳。長野県出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は通治。歌集に「まひる野」「土を眺めて」,著作に「新古今和歌集評釈」など。
【格言など】はらはらと黄の冬ばらの崩れ去るかりそめならぬことの如くに(「老槻(おいつき)の下」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くぼたうつぼ【窪田空穂】

1877‐1967(明治10‐昭和42)
歌人,国文学者。本名通治(つうじ)。長野県生れ。東京専門学校(現,早大)卒。新聞・雑誌記者をへてながく早大教授をつとめた。《文庫》や《明星》で活躍したが,1902年水野葉舟らと文芸雑誌《山比古(やまびこ)》を創刊し,さらに小説を中心とした一時期をへて,14年には《国民文学》を創刊した。1905年詩歌集《まひる野》で注目を浴びたが,以後現実的傾向を強め,人生的詠嘆の深さをやどした独自の歌調を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くぼたうつぼ【窪田空穂】

1877~1967) 歌人・国文学者。長野県生まれ。本名、通治。早大教授。「明星」を経て吉江孤雁らと「山比古」を創刊。現実主義的で平明穏雅な歌風。万葉・古今・新古今の評釈などにも業績を残す。詩歌集「まひる野」、歌集「土を眺めて」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窪田空穂
くぼたうつぼ

[生]1877.6.8. 長野,和田
[没]1967.4.12. 東京
歌人,国文学者。本名,通治。 1895年父に無断で東京専門学校に入学したが翌年中退。苦労を重ねたのち再入学 (1900) して 1904年卒業。 19年早稲田大学講師,のち教授,名誉教授。『母』 (08) ,『末子』 (09) など小説もあるが,歌人としては『明星』の中心作家として早くから重きをなし,02年水野葉舟,吉江喬松中沢臨川らと雑誌『山比古』を創刊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

窪田空穂
くぼたうつぼ
(1877―1967)

歌人、国文学者。明治10年6月8日、長野県東筑摩(ひがしちくま)郡和田村(現松本市)生まれ。本名は通治(つうじ)。東京専門学校(現早稲田(わせだ)大学)文学科卒業。新聞・雑誌記者などを経て、早大文学部教授。1900年(明治33)、雑誌『文庫』に投稿した短歌によって与謝野鉄幹(よさのてっかん)に認められ、初期『明星』に新体詩、短歌を発表したが、1年足らずで去り、詩歌集『まひる野』(1905)を刊行、浪漫(ろうまん)的な憧(あこが)れや内省的に心情の悲傷の機微を歌い、清澄、優婉(ゆうえん)な作を残した。このころから、自然主義思潮のなかで、小説を書き、国文学への研究、評論が始まり、短編集『炉辺(ろへん)』(1911)などがある。『空穂歌集』(1912)をまとめたのは、短歌から別れようとする意識からのものであった。しかし、空穂中心の「十月会」を母胎として、『国民文学』(1914創刊)をおこすに及び、本格的に短歌に復帰した。以後、自然主義的世界をくぐった歌風は、日常生活を題材に、人生を味到する、心境の滋味・深さを身上とする、いわゆる境涯詠に独自な人生的歌風を樹立し、また近代歌人としては珍しく、多くの長歌をつくり、長歌を現代的に再生させた。
 歌集は『濁れる川』(1915)、『土を眺めて』(1918)、『鏡葉(かがみば)』(1926)、『卓上の灯(ひ)』(1955)、『去年(こぞ)の雪』(1967)など23冊。死に至るまで、人生明視の深さを加えた作を残した。万葉、古今、新古今の全評釈をはじめ、多くの国文学研究書、歌論、紀行、随筆などがある。1941年(昭和16)芸術院会員、58年文化功労者。昭和42年4月12日没。
 歌人窪田章一郎は長男である。[武川忠一]
 はらはらと黄の冬ばらの崩れ去るかりそめならぬものの如くに
『『窪田空穂全集』28巻・別巻1(1965~67・角川書店) ▽村崎凡人著『評伝窪田空穂』(1954・長谷川書房) ▽岩田正著『窪田空穂論』(1976・芸術生活社) ▽窪田章一郎著『窪田空穂』(1980・桜楓社) ▽窪田章一郎著『窪田空穂の短歌』(1996・短歌新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窪田空穂の関連キーワード足立公平印東昌綱岡千里倉知しん鈴木康文高安やす子谷邦夫富士田吉治(3代)毛呂清春矢沢孝子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

窪田空穂の関連情報