コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武渟川別命/建沼河別命 タケヌナカワワケノミコト

デジタル大辞泉の解説

たけぬなかわわけ‐の‐みこと〔たけぬなかはわけ‐〕【武渟川別命/建沼河別命】

孝元天皇の皇子大彦命(おおびこのみこと)の御子日本書紀によれば崇神天皇四道将軍の一人と伝えられる。阿部臣(あべのおみ)らの祖。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武渟川別命 たけぬなかわわけのみこと

記・紀にみえる武人
孝元天皇の皇子大彦命の子。崇神(すじん)天皇10年四道将軍のひとりとして東海に派遣された。のち崇神天皇の命で,出雲(いずも)の神宝を天皇に献上した出雲飯入根(いいいりね)を殺したその兄出雲振根(ふるね)を,吉備津彦(きびつひこ)とともに誅殺(ちゅうさつ)した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

武渟川別命/建沼河別命の関連キーワード大津神社大伴武日東海道