コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四道将軍 しどうしょうぐん

6件 の用語解説(四道将軍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四道将軍
しどうしょうぐん

日本書紀』に記されている4人の将軍。崇神天皇の代に,諸国平定のために北陸へ大彦命,東海へ武渟川別,西海へ吉備津彦,丹波へ丹波道主命の4将軍を派遣したという。『古事記』にもこれに似た所伝があるが,いずれにしても史実については疑問視されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しどう‐しょうぐん〔シダウシヤウグン〕【四道将軍】

崇神天皇の時、四方に派遣されたと伝えられる四人の将軍。東海武渟川別命(たけぬなかわわけのみこと)北陸の大彦命(おおひこのみこと)、西道吉備津彦命(きびつひこのみこと)、丹波の丹波道主命(たんばみちぬしのみこと)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

四道将軍【しどうしょうぐん】

崇神(すじん)天皇時代に全国平定のため派遣されたという4人の皇族将軍。《日本書紀》では北陸に大彦(おおひこ)命,東海に武渟川別(たけぬなかわわけ)命,西道(山陽)に吉備津彦(きびつひこ)命,丹波(山陰)に丹波道主(たにわのみちぬし)命を派遣している。
→関連項目崇神天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しどうしょうぐん【四道将軍】

崇神天皇が支配圏を拡大するため四方に遣わしたとする皇族将軍の総称。《日本書紀》崇神10年9月条に大彦命を北陸(くぬがのみち)に,武渟川別(たけぬなかわわけ)を東海(うみつみち)に,吉備津彦(きびつひこ)を西道(にしのみち)(山陽)に,丹波道主(たにわのちぬし)命を丹波(山陰)に遣わし,服従しない者は武力をもって討伐することを命じたと見える。《古事記》には吉備津彦派遣のことが欠けているが,孝霊段に大吉備津日子命と若建吉備津日子命が吉備国を平定したことが見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しどうしょうぐん【四道将軍】

崇神天皇の時、北陸・東海・西道(山陽)・丹波(山陰)の鎮撫平定のため派遣されたという四人の将軍。大彦命おおびこのみこと・武渟川別命たけぬなかわわけのみこと・吉備津彦命きびつひこのみこと・丹波道主命たんばのみちのぬしのみこと

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四道将軍
しどうしょうぐん

崇神(すじん)天皇の代に北陸、東海、西道、丹波(たんば)に派遣されたと伝える将軍。ただし『古事記』では、孝霊(こうれい)天皇の代に、まず大吉備津日子命(おおきびつひこのみこと)と若建(わかたけ)吉備津日子命を吉備へ派遣し、ついで崇神天皇の代に大毘古命(おおひこのみこと)を高志(こし)道へ、建沼河別命(たけぬなかわわけのみこと)を東方十二道へ、日子坐王(ひこいますのみこ)を丹波へ遣わしたとしており、崇神朝では三道派遣の説話になっている。また『日本書紀』が吉備津彦を西道に、丹波道主命(みちぬしのみこと)を丹波に遣わしたとするのとも、将軍名が異なっている。倭(やまと)王権の勢威拡張を物語る将軍派遣説話の一種。[上田正昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone