御子(読み)おこ

精選版 日本国語大辞典「御子」の解説

お‐こ【御子】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 他人の子供を敬っていう。
※浄瑠璃・心中涙の玉井(1703頃)「コレ爰(ここ)なお子、何をしくしく泣かしゃるぞ」
② 近世、遊里で、遣手(やりて)や茶屋の女房などが遊女をさしていう語。
※浮世草子・好色敗毒散(1703)一「遣手興をさまし、あの御子(おこ)は何を仰せらるるぞ」
③ 人。かた。
※秋長夜話(1781‐1801頃)「広島の人は壮夫老人をも何の御子、此御子と呼ふ〈略〉汎(ひろく)人を称して、子といはん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御子」の解説

み‐こ【御子/皇子/皇女/親王】

(御子)神の子。特に、イエス=キリストをさす。
天皇の子。皇子皇女。皇女は「ひめみこ」とも。
「玉のをのこ―さへうまれひぬ」〈桐壺
天皇の子で、親王宣下を受けた者。しんのう。
「今までこの君を―にもなさせ給はざりけるを」〈・桐壺〉
[類語]皇子王子若宮親王皇太子東宮プリンス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android