コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田錦子 たけだ きんこ

2件 の用語解説(武田錦子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田錦子 たけだ-きんこ

1861-1913 明治-大正時代の英語学者。
文久元年2月生まれ。中村正直のもとで英学をおさめ,女子師範学校にまなぶ。明治19年文部省派遣の女性最初の留学生となって渡米,ウェスタン女子大を卒業。帰国後結婚し,東京女高師(現お茶の水女子大)で英語をおしえた。大正2年8月29日死去。53歳。江戸出身。旧姓は加藤。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武田錦子

没年:大正2.8.29(1913)
生年:文久1.2(1861)
明治時代の英学者,教育者。江戸小石川(東京都文京区小石川)に幕臣加藤清人の長女として生まれる。はじめ中村正直について英学を学び,東京女学校,東京女子師範学校別科を経て,明治12(1879)年同校本科卒業。同年米国に留学,17年6月に帰国するが,19年1月に文部省から再び米国留学を命じられ,22年1月に帰国。留学中はセイラム師範学校,ウエスタン女子大学で幼稚園保育法などを学び,両校を卒業。帰国後,武田英一と結婚するが,長く東京女子高等師範学校(お茶の水女子大学)教授として英語教育に携わり,読売新聞全国才媛投票女流英語家第1位となったこともある。<参考文献>手塚晃編『幕末明治海外渡航者総覧』

(米山光儀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武田錦子の関連キーワード山道高彦小石川同人社生駒東太金井知義吉右衛門(2)斎藤兼光桜井祐男山田千代子吉益亮子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone