武腰善平(読み)たけごし ぜんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武腰善平 たけごし-ぜんぺい

1843-1907 幕末-明治時代の陶画工。
天保(てんぽう)14年生まれ。九谷庄三(しょうざ)のもとで陶画をまなぶ。明治5年金沢産物方役所の命で東京にでて,増上寺山内各寺院の陶器御用をつとめ,かたわら九谷焼の販路拡張にあたった。明治40年死去。65歳。加賀(石川県)出身。号は広布堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android