コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤白尼 むとう はくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤白尼 むとう-はくに

1709-1792 江戸時代中期の俳人。
宝永6年生まれ。武藤巴雀(はじゃく)の子。尾張(おわり)名古屋の人。仮名(かな)詩をこのみ,「俳諧春興朗詠(はいかいしゅんきょうろうえい)集」などの編著がある。門人に伊村鴎沙(おうしゃ),加藤暁台(きょうたい)ら。寛政4年8月9日死去。84歳。別号に夜話亭,蓮阿坊,仏狂子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武藤白尼の関連キーワード白尼

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android