武藤貞一(読み)むとう ていいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤貞一 むとう-ていいち

1892-1983 昭和時代の評論家。
明治25年7月25日生まれ。大正12年東京朝日新聞社にはいる。昭和14年報知新聞社主筆となり,対ソ・対米戦を主張,時局に関する著書を多数刊行した。戦後は動向社を設立,反共立場から評論活動をおこなった。昭和58年7月26日死去。91歳。岐阜県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android