コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武陵蛮 ぶりょうばんWǔ líng mán

世界大百科事典 第2版の解説

ぶりょうばん【武陵蛮 Wǔ líng mán】

中国古代に,今の湖南・湖北両省を中心に居住していた非漢民族。その名称は漢代に当地に設けられた武陵郡にもとづく。名犬槃瓠ばんこ)の子孫といい,椎髻(ついけい)(あげまき)あるいは断髪の習をもつ。渓谷ごとに多くの部族に分かれ,長(精夫)に統率された。漢人の入植が進んだ1世紀以降に活動が活発化し,しばしば道教系の反乱ともつながりをもった。後漢以降の各王朝は,武力弾圧を加える一方で長の分封漢人より軽い租税(賨布(そうふ))で懐柔につとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

武陵蛮の関連キーワード馬援入植

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android