武陵蛮(読み)ぶりょうばん(英語表記)Wǔ líng mán

世界大百科事典 第2版「武陵蛮」の解説

ぶりょうばん【武陵蛮 Wǔ líng mán】

中国古代に,今の湖南・湖北両省を中心に居住していた非漢民族。その名称は漢代に当地に設けられた武陵郡にもとづく。名犬槃瓠ばんこ)の子孫といい,椎髻(ついけい)(あげまき)あるいは断髪をもつ。渓谷ごとに多くの部族に分かれ,長(精夫)に統率された。漢人入植が進んだ1世紀以降に活動が活発化し,しばしば道教系の反乱ともつながりをもった。後漢以降の各王朝は,武力弾圧を加える一方で長の分封,漢人より軽い租税(賨布(そうふ))で懐柔につとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android