コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武陵蛮 ぶりょうばん Wǔ líng mán

1件 の用語解説(武陵蛮の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶりょうばん【武陵蛮 Wǔ líng mán】

中国古代に,今の湖南・湖北両省を中心に居住していた非漢民族。その名称は漢代に当地に設けられた武陵郡にもとづく。名犬槃瓠(ばんこ)の子孫といい,椎髻(ついけい)(あげまき)あるいは断髪の習をもつ。渓谷ごとに多くの部族に分かれ,長(精夫)に統率された。漢人の入植が進んだ1世紀以降に活動が活発化し,しばしば道教系の反乱ともつながりをもった。後漢以降の各王朝は,武力弾圧を加える一方で長の分封,漢人より軽い租税(賨布(そうふ))で懐柔につとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武陵蛮の関連キーワード荊州斉民要術東夷淮河雲夢沢胡楽五服蒼梧三苗佐藤武敏

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone