武雄逍遥(読み)たけお しょうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武雄逍遥 たけお-しょうよう

1819-1861 江戸時代後期の儒者。
文政2年生まれ。肥前武雄(たけお)(佐賀県)の人。郷校身教館にはいり,飯盛鳳山(いいもり-ほうざん)らにまなぶ。佐賀藩国家老鍋島氏につかえ,財政の改革につくした。また詩文をよくし,草場佩川(はいせん)らとまじわった。文久元年死去。43歳。名は麟,頼之。字(あざな)は君瑞。通称は左(佐)門。別号に南川史氏。著作に「史記助字法」「邦乗」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android