武雄逍遥(読み)たけお しょうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武雄逍遥 たけお-しょうよう

1819-1861 江戸時代後期の儒者。
文政2年生まれ。肥前武雄(たけお)(佐賀県)の人。郷校身教館にはいり,飯盛鳳山(いいもり-ほうざん)らにまなぶ。佐賀藩国家老鍋島氏につかえ,財政の改革につくした。また詩文をよくし,草場佩川(はいせん)らとまじわった。文久元年死去。43歳。名は麟,頼之。字(あざな)は君瑞。通称は左(佐)門。別号に南川史氏。著作に「史記助字法」「邦乗」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android