コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯を白くする歯みがき剤 はをしろくするはみがきざい

家庭医学館の解説

はをしろくするはみがきざい【歯を白くする歯みがき剤】

 歯は真っ白なことは少なく、透明感の強いエナメル質を通して見える象牙質(ぞうげしつ)により、歯の色が決まります。ですから通常は多少黄色味が強くても個人差の範囲内と考えられることが多いのです。
 むし歯や外傷などで歯髄(しずい)が死んでしまうと、歯の色は黒くなります。この場合、象牙質を漂白する方法などがありますが、重症のときは白い冠(かん)をかぶせたりします。飲料水の中のフッ素量が多い場合には、斑状歯(はんじょうし)といって凸凹のある白い着色がみられることがあります。
 喫煙者や紅茶をよく飲む人には、タールタンニン酸などの外来性の色素が沈着することがあります。この場合には、歯が汚く変色したように見えますが、清掃研磨することで、もとどおりになります。
 歯を白くする歯みがき剤が市販されていますが、これは、歯や骨をつくるハイドロキシアパタイトという物質が主成分です。この歯みがき剤で、ある程度、歯の結晶構造がかわることはありますが、基本的に真っ白になることはありません。また、むし歯の穴が再び埋まることもないと考えたほうがよいでしょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone