コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史的世界の構成 れきしてきせかいのこうせいDer Aufbau der geschichtlichen Welt in den Geisteswissenschaften

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴史的世界の構成
れきしてきせかいのこうせい
Der Aufbau der geschichtlichen Welt in den Geisteswissenschaften

ドイツの哲学者ウィルヘルム・ディルタイ晩年の主著の一つ。 1910年刊。『記述的分析的心理学』 (1894) ,『解釈学の成立』 (1900) などの成果をふまえて,精神諸科学は,ここで体験,表現,了解の連関のうちに基礎づけられる。精神科学の方法は「解釈学」として結実し,『精神諸科学序論』 (1883) の意図は,ここにおいて一応の完成をみる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

歴史的世界の構成の関連キーワードヴィルヘルム ディルタイ美的経験

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android