コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死の家の記録 しのいえのきろく

大辞林 第三版の解説

しのいえのきろく【死の家の記録】

ドストエフスキーの長編小説。1861~62年作。シベリアでの流刑体験に基づき、極限状況における様々な囚人の姿を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

死の家の記録
しのいえのきろく
Записки из Мёртвого дома Zapiski iz Myortvogo doma 

ロシアの作家ドストエフスキー長編小説。1861~62年、雑誌『時代(ブレーミヤ)』に発表。1850年から4年間の作者自身のオムスク監獄での体験に基づく記録文学風の作品。抑えた筆致で帝政ロシアの監獄の実情をリアルに伝え、囚人の集団入浴の場面など「ダンテ的」(ツルゲーネフ)と評される迫力をもつ。囚人たちのさまざまな性格、心理、過去がみごとに描き分けられ、その後の小説の主人公たちの原型をみる思いもある。作者は「死の家」の住人たちを「むだに滅び去ったロシアの真の民衆」とみて、その再発見を契機に自身の思想的信念の更生を目ざそうとする。[江川 卓]
『工藤精一郎訳『死の家の記録』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

死の家の記録の関連キーワードドストエフスキー(年譜)ポミャロフスキーオムスク上田 進シベリア極限状況囚人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android