死体損壊等罪(読み)シタイソンカイトウザイ

デジタル大辞泉の解説

したいそんかいとう‐ざい〔シタイソンクワイトウ‐〕【死体損壊等罪】

人の死体・遺骨遺髪や、すでに棺に納めてある物を、損壊・遺棄したり盗み取ったりする罪。刑法第190条が禁じ、3年以下の懲役に処せられる。死体損壊罪。→死体遺棄罪
[補説]ある程度成長したあとに流産・中絶した胎児や、傷病や手術などで体から切除された四肢なども、本罪が禁じる行為の対象となる。また、土葬風葬散骨などは、宗教や地域性などを考慮して認められる場合がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android