コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死差損 シサソン

デジタル大辞泉の解説

しさ‐そん【死差損】

生命保険で、想定死亡率(契約者の死亡する割合)を基に計上した保険金の予定支払額に対し、実際に支払った保険金の額が多い場合の差額。→死差益三利源

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集の解説

死差損

死差損益となりますので意味は次の通りとなります。生命保険会社の剰余金の3利源の1つを指します。事業年度内において、保険料計算に用いた予定死亡率と実際死亡率との差によって生じる剰余金です。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

死差損の関連キーワード死差

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android