コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殊能将之 しゅのうまさゆき

1件 の用語解説(殊能将之の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

殊能将之

日本のミステリー作家。1964年1月19日、福井県生まれ。個人情報を明かさない覆面作家で、ペンネームは漢文『楚辞』の一文から取られた。名古屋大学中退後、編集プロダクションに勤務。その後、退職し、99年に『ハサミ男』(講談社)で第13回メフィスト賞を受賞してデビューする。以後、『美濃牛』『鏡の中は日曜日』(いずれも講談社)などの作品を発表。2005年にはデビュー作の『ハサミ男』が映画化された。長編小説は04年の『キマイラの新しい城』(講談社)を最後に発表されておらず、小説の雑誌寄稿も08年以降は行われていない。13年2月11日、死去。享年49。

(2013-4-2)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

殊能将之の関連キーワード少年犯罪水俣病オリンピック招致コスイギンゾンド深作欣二マルクス兄弟青色片岩相大前孝太郎竹本翔之介

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

殊能将之の関連情報