コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殊能将之 しゅのうまさゆき

1件 の用語解説(殊能将之の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

殊能将之

日本のミステリー作家。1964年1月19日、福井県生まれ。個人情報を明かさない覆面作家で、ペンネームは漢文『楚辞』の一文から取られた。名古屋大学中退後、編集プロダクションに勤務。その後、退職し、99年に『ハサミ男』(講談社)で第13回メフィスト賞を受賞してデビューする。以後、『美濃牛』『鏡の中は日曜日』(いずれも講談社)などの作品を発表。2005年にはデビュー作の『ハサミ男』が映画化された。長編小説は04年の『キマイラの新しい城』(講談社)を最後に発表されておらず、小説の雑誌寄稿も08年以降は行われていない。13年2月11日、死去。享年49。

(2013-4-2)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殊能将之の関連キーワードミステリーアシモフのミステリ世界火刑法廷ガラス箱の蟻結婚案内ミステリー封印の島複数の時計ぼくのミステリな日常ミステリ講座の殺人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

殊能将之の関連情報