コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殊能将之 しゅのうまさゆき

知恵蔵miniの解説

殊能将之

日本のミステリー作家。1964年1月19日、福井県生まれ。個人情報を明かさない覆面作家で、ペンネーム漢文楚辞』の一文から取られた。名古屋大学中退後、編集プロダクションに勤務。その後、退職し、99年に『ハサミ男』(講談社)で第13回メフィスト賞を受賞してデビューする。以後、『美濃牛』『鏡の中は日曜日』(いずれも講談社)などの作品を発表。2005年にはデビュー作の『ハサミ男』が映画化された。長編小説は04年の『キマイラの新しい城』(講談社)を最後に発表されておらず、小説の雑誌寄稿も08年以降は行われていない。13年2月11日、死去。享年49。

(2013-4-2)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

殊能将之の関連キーワード新藤兼人中平康ジュネーブ道路交通条約森一生コンゴ動乱石井桃子加藤泰コーマンゴダール(Jean-Luc Godard)篠田正浩

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android