コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留抵抗 ざんりゅうていこうresidual resistance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残留抵抗
ざんりゅうていこう
residual resistance

金属の電気抵抗で,絶対零度でも残る部分金属の電気抵抗は,(1) 結晶格子の熱振動で電子が散乱されることによって生じる部分と,(2) 不純物原子または格子欠陥,結晶転位など結晶の不完全さに起因する部分とがある。前者は温度とともに減少し絶対零度ではゼロになるが,後者は有限の値をもつ。これが残留抵抗である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の残留抵抗の言及

【電気伝導】より

…熱振動の振幅は温度に比例するから,寿命τ,したがって電気伝導度σは,室温では温度に反比例して減少する。きわめて低温では,不純物や格子欠陥による散乱でτは決まり,超伝導が生ずる場合や,磁性不純物がある場合などを別にすると,σは温度の低下とともに一定値に近づく(このときの比抵抗を残留抵抗という)。 半導体における電流は,熱的に励起された電子または正孔,あるいはその両方によって運ばれる。…

※「残留抵抗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

残留抵抗の関連キーワードノルトハイムの法則

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android