コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残響計 ザンキョウケイ

2件 の用語解説(残響計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ざんきょう‐けい〔ザンキヤウ‐〕【残響計】

室内や音楽ホールなどにおいて、音源が振動をやめたあとも、引き続き聞こえる残響の強さを測定する計器。残響音の強さが60デシベル減衰するまでの時間を残響時間という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

残響計
ざんきょうけい

室内などにおいて、音源が振動をやめたあとに壁からの反射波によって聞こえる音の度合いを測定する計器。原理としては測定用のマイクロホンを用いて残響音の強さの時間的変化を測定する計器であり、音楽ホールなどの音響効果を調べるために用いられる。残響の度合いの尺度としては残響時間が用いられ、これは、音源を止めてから室内の残響音の強さが60デシベル減衰するのに要する時間と決められている。残響音はほぼ対数的に減衰するので、残響音の強さを対数目盛りで表すと時間に対して直線的に減少することになり、この直線の傾きから残響時間が求められる。いろいろな型式があり、最近では測定と計算処理を自動的に行って残響時間を秒で表示するデジタル式のものが多い。[三井清人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残響計の関連キーワードFM音源音源室内楽単振動コンサートホールホールインワンピンホールミドルホールファンホーヴェの特異点ホールデイン‐ハクスレイの法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone