殺生関白(読み)せっしょうかんぱく

精選版 日本国語大辞典「殺生関白」の解説

せっしょう‐かんぱく セッシャウクヮンパク【殺生関白】

安土桃山時代の武将、豊臣秀次秀吉養子関白をつぐ)の異称。粗暴不謹慎の行動が多かったところから「摂政関白」をもじっていう。
※桐一葉(1894‐95)〈坪内逍遙〉二「これ京童が口々に、殺生関白とそしりの権輿(はじめ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「殺生関白」の解説

せっしょう‐かんぱく〔セツシヤウクワンパク〕【殺生関白】

豊臣秀次の異称。秀吉の養子で関白を継いだが、粗暴な行動が多かったことから「摂政関白」をもじっていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android