比例コンパス(読み)ヒレイコンパス

大辞林 第三版の解説

ひれいコンパス【比例コンパス】

二本の脚を X 型にとめ、とめる場所を変化させることによって脚の両端の開きの比が変化するコンパス。ある長さを拡大・縮小したりするときに使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の比例コンパスの言及

【ディバイダー】より

…イギリス式,ドイツ式の形式があり,またいずれにもねじにより開閉を行うスプリング式のものがある。比例コンパスもこの一種で,それぞれ脚の両端が針状につくられ,すべりこまの基線を目盛に合わせると,脚の両端はそれに比例した開きを行うようになっているので,縮尺や倍尺の図面を描くときに便利である。【大西 清】。…

※「比例コンパス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android