コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比嘉乗昌 ひが じょうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

比嘉乗昌 ひが-じょうしょう

?-? 琉球の漆工。
首里の人。1715年に琉球漆器特有の装飾法である堆錦(ついきん)の新技法を開発。1717年芭蕉(ばしょう)紙を共同研究によってつくった。名護間切(なごまぎり)喜瀬地頭職をあたえられた。唐名は房弘徳

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の比嘉乗昌の言及

【堆錦】より

…沖縄漆器の加飾法の一つ。一般には1715年(尚敬王3)に房弘徳(比嘉乗昌)が創始したとされるが,明代の《髹飾録(きゆうしよくろく)》(16世紀)に,このころ流行した堆綵(ついさい)(下地を盛り上げ,上に色漆を塗ったもの)に似た技法として〈堆錦〉をあげており,これは前後の状況から沖縄のものにまちがいないといわれる。技法は,充分焼いたくろめ漆に顔料を多量に入れ,金槌でたたいて各色の堆錦餅をつくり,さらにローラーにかけ薄板にのばす。…

※「比嘉乗昌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

比嘉乗昌の関連キーワード古波蔵良州漆工首里

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android