コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比留間妻吉 ひるま つまきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

比留間妻吉 ひるま-つまきち

1873-1919 明治-大正時代の機織(はたおり)業者。
明治6年5月6日生まれ。大正8年生地東京府北多摩郡村山村(武蔵(むさし)村山市)に群馬県伊勢崎から技術者をまねき,従来の絣(かすり)製法を改良,村山大島紬(つむぎ)生産の基礎をきずいた。大正8年7月15日死去。47歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

比留間妻吉の関連キーワード大正時代明治機織

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android