コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利吉元 もうり よしもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利吉元 もうり-よしもと

1677-1731 江戸時代中期の大名。
延宝5年8月24日生まれ。毛利綱元の長男。毛利吉広の養子となり,宝永4年(1707)長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利家5代。財政立て直しのほか,藩校明倫館の創立,「萩藩閥閲(ばつえつ)録」の編集により文教の興隆と士風刷新につとめた。享保(きょうほう)16年9月13日死去。55歳。初名は元倚(もとより)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

毛利吉元 (もうりよしもと)

生年月日:1677年8月24日
江戸時代中期の大名
1731年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

毛利吉元の関連キーワード旧萩藩校明倫館萩藩閥閲録毛利広政北川汶陽山県周南生年月日吉山常房毛利元朝毛利宗広河治友周河治友久品姫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android