コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利高政 もうり たかまさ

2件 の用語解説(毛利高政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利高政 もうり-たかまさ

1559-1628 江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)2年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)の人。豊臣秀吉の家臣。中国攻めの講和のとき毛利方の人質となった縁で毛利姓となる。文禄(ぶんろく)4年(1595)豊後(ぶんご)(大分県)日田2万石に入封。慶長6年(1601)関ケ原の戦後処理で移封され,豊後佐伯(さいき)藩2万石の初代藩主となった。寛永5年11月16日死去。70歳。初姓は森。通称は勘八郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

毛利高政

没年:寛永5.11.16(1628.12.11)
生年:永禄2(1559)
江戸初期の豊後佐伯藩(大分県)初代藩主。元姓は森,父は森九郎左衛門高次,母は瀬尾小太郎某の娘。播磨(兵庫県)明石郡で3000石を領し,豊臣秀吉に仕えていた。天正10(1582)年の秀吉の備中(岡山県)高松城攻めに際し,毛利方への人質となり,これを機に毛利に改姓した。文禄4(1595)年,豊後(大分県)日田に2万石を与えられ,再度の朝鮮の役に出兵,関ケ原の戦の翌慶長6(1601)年4月,佐伯に入封。新規築城,城下町の建設のほか,豊後水道に面した港湾の在町,蒲江浦の経営は著名。<参考文献>『鶴藩略史』『温故知新録』『大分県史・近世篇Ⅰ』

(後藤重巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の毛利高政の言及

【日田[市]】より

…1594年(文禄3)宮木長次が隈城に入部し,城下町の隈を造成した。97年(慶長2)には毛利高政が入り,1万石を領するとともに日田・玖珠(くす)両郡の太閤蔵入地を統治し,1601年高政が佐伯に移封した後はその預領地,および江戸幕府の代官小川光氏の直轄地となった。光氏は丸山城を築き,その城下町丸山を形成した。…

【毛利氏】より

…(1)西中国の雄族で中・近世大名(図)。大江広元が相模国毛利荘をその子季光に譲り,季光がここを苗字の地としたのに始まる。季光は宝治合戦(1247)で三浦氏に荷担したため同荘を没収されたが,その第4子経光は荷担せず越後国佐橋荘,安芸国吉田荘等を保持した。経光は1270年(文永7)両所を第4子時親に譲った。吉田荘では96年(永仁4)領家・地頭間で下地中分(したじちゆうぶん)が行われ,時親は吉田,麻原(おはら)を領した。…

※「毛利高政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

毛利高政の関連キーワード松野織部加賀山可政大分石塚宗通(初代)佐藤甚兵衛毛利高重毛利高標毛利高成毛利高久毛利高慶

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone