コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利高標 もうり たかすえ

2件 の用語解説(毛利高標の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利高標 もうり-たかすえ

1755-1801 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦5年生まれ。毛利高丘(たかおか)の次男。宝暦10年(1760)豊後(ぶんご)(大分県)佐伯(さいき)藩主毛利家8代となる。金銀山を開発,製紙・製蝋(ろう)など新産業をおこし,また藩校四教(しこう)堂をひらく。蔵書家で天明元年(1781)佐伯文庫を建設,書籍8万巻を収蔵した。享和元年8月7日死去。47歳。字(あざな)は培松。号は霞山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

毛利高標

没年:享和1.8.7(1801.9.14)
生年:宝暦5(1755)
江戸中期の大名。豊後佐伯藩(大分県)2万石,毛利家8代の当主。通称彦三郎。父は7代高丘,母は鳥居氏。宝暦10(1760)年8月,6歳で家督を継ぐ。就任直後の城下の大火,天明・寛政期の天災異変で財政困窮のため,家臣200石以上の者の半知を実施。天明1(1781)年に開設した佐伯文庫には,8万冊の書籍を収蔵。内容は漢籍,史書,詩文,仏典,医書,天文の多分野におよび,蔵書の一部は,のち幕府に献上され,昌平黌,紅葉山文庫に収蔵されたことは著名。<参考文献>『鶴藩略史』『温故知新録』『大分県史・近世篇Ⅰ』

(後藤重巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛利高標の関連キーワード大分佐藤甚兵衛毛利高丘毛利高重毛利高直毛利高成毛利高久毛利高政毛利高泰毛利高慶

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone