コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利高標 もうり たかすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利高標 もうり-たかすえ

1755-1801 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦5年生まれ。毛利高丘(たかおか)の次男。宝暦10年(1760)豊後(ぶんご)(大分県)佐伯(さいき)藩主毛利家8代となる。金銀山を開発,製紙・製蝋(ろう)など新産業をおこし,また藩校四教(しこう)堂をひらく。蔵書家で天明元年(1781)佐伯文庫を建設,書籍8万巻を収蔵した。享和元年8月7日死去。47歳。字(あざな)は培松。号は霞山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

毛利高標

没年:享和1.8.7(1801.9.14)
生年:宝暦5(1755)
江戸中期の大名。豊後佐伯藩(大分県)2万石,毛利家8代の当主。通称彦三郎。父は7代高丘,母は鳥居氏。宝暦10(1760)年8月,6歳で家督を継ぐ。就任直後の城下の大火,天明・寛政期の天災異変で財政困窮のため,家臣200石以上の者の半知を実施。天明1(1781)年に開設した佐伯文庫には,8万冊の書籍を収蔵。内容は漢籍,史書,詩文,仏典,医書,天文の多分野におよび,蔵書の一部は,のち幕府に献上され,昌平黌,紅葉山文庫に収蔵されたことは著名。<参考文献>『鶴藩略史』『温故知新録』『大分県史・近世篇Ⅰ』

(後藤重巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

毛利高標の関連キーワード松下筑陰市橋長昭毛利高誠

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android