コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霞山 かざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霞山 かざん

1788-1872 江戸時代後期の僧。
天明8年生まれ。土佐(高知県)の日蓮宗宝蔵寺の住職。のち近江(おうみ)(滋賀県)の常昌寺にうつる。京都で浦上春琴に画を,頼山陽詩文をまなんだ。晩年,美濃(みの)(岐阜県)安楽寺にはいる。明治5年10月10日死去。85歳。土佐出身。俗姓市原。字(あざな)は遠恕。法名日生

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

霞山の関連キーワード近衛 篤麿東亜同文会近衛 文麿霞む・翳む江蘇(省)広東(省)近衛篤麿楠瀬大枝鈴木雅之毛利高標天童正覚北原秦里真村蘆江南朝陵墓丸岡城棲霞寺池大雅南京等舟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霞山の関連情報