氈鹿(読み)カモシカ

デジタル大辞泉「氈鹿」の解説

かも‐しか【×氈鹿/羚羊】

ニホンカモシカのこと。かもを織るのに用いる鹿の意からの名という。 冬》「—の跡ぞ深雪を巌頭へ/悌二郎」
偶蹄ぐうてい目ウシ科ヤギ亜科カモシカ属の哺乳類の総称。ニホンカモシカシャモア・ゴーラルなどが含まれる。
[補説]羚羊とも書くが、レイヨウは別種。
[類語]綿羊ラム山羊羚羊れいよう

かま‐しし【×鹿/羚羊】

カモシカの古名。
「—の老翁をぢ」〈皇極紀・歌謡〉

かも‐しし【×鹿/羚羊】

カモシカの古名。
松が枝に枕定むる—の」〈拾玉集・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「氈鹿」の解説

氈鹿 (カモシカ)

動物。ウシ科カモシカ属に含まれる動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android