(読み)おりかも

精選版 日本国語大辞典「氈」の解説

おり‐かも【氈】

〘名〙 毛織りの敷物毛氈(もうせん)。かも。
※書紀(720)天武一〇年四月(北野本訓)「親王より以下、庶民に至るまでに、諸の服(き)用ゐる所の金・銀〈略〉、及び氈(オリカモ)の褥(とこしき)・冠・帯、并せて種種雑色の類(たぐゐ)、服(き)(もち)ゐること各差有れ」

かも【氈】

〘名〙 獣毛で織った敷物。また、毛製品一般をいう。おりかも。
※令義解(718)職員「氈褥。撚毛為褥席者也〉」 〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「氈」の解説

せん【氈】[漢字項目]

[音]セン)(漢)
獣毛を縮絨しゅくじゅうした布。「氈褥せんじょく毛氈
[難読]氈鹿かもしか

せん【×氈】

毛織りの敷物。毛氈。
「庭園は蘚苔むして―を敷く如く」〈鉄腸・花間鶯〉

かも【×氈】

獣毛で織った敷物。おりかも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android