コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拾玉集 しゅうぎょくしゅう

6件 の用語解説(拾玉集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拾玉集
しゅうぎょくしゅう

鎌倉時代の僧慈円私家集。「しゅぎょくしゅう」とも読む。尊円入道親王編。5巻または7巻。正平1=貞和2 (1346) 年成立。約 4600首を収める。六家集の一集で,最も歌数が多い。仏教思想に基づく作品は注目される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅうぎょくしゅう〔シフギヨクシフ〕【拾玉集】

室町前期の私家集。5巻または7巻(流布本)。慈円の詠歌を尊円法親王が編。正平元=貞和2年(1346)成立。歌数約5900首。仏教的色彩の濃い歌が多い。六家集の一。しゅぎょくしゅう。

しゅぎょくしゅう〔シユギヨクシフ〕【拾玉集】

しゅうぎょくしゅう(拾玉集)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうぎょくしゅう【拾玉集】

慈円の家集で,鎌倉最末期から1346年(貞和2)にかけて青蓮院(しようれんいん)尊円親王が集成。同親王の命により慶運が編纂したともいう。六家集の一つで,5巻本(5917首)と7巻本(流布本,4613首)とがある。前者には青蓮院本ほかの善本が存し,和歌の配列はほぼ年代順で,慈円の全歌集にちかい。歌風は平易な詞を用いてのびやかであり,新しい趣向を好んで仏教的な述懐歌に特色がみられる。【赤瀬 信吾】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅうぎょくしゅう【拾玉集】

歌集。七巻。慈円作、尊円親王編。1346年成立。約四六〇〇首。速吟・法楽歌を多くとどめ、多彩な僧侶歌人の性格がうかがえる。六家集の一。しゅぎょくしゅう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

拾玉集
しゅうぎょくしゅう

慈円(じえん)の家集。編者は尊円入道親王。5巻または7巻。1346年(正平1・貞和2)成立。六家集の一つ。慈円の手元に遺(のこ)された詠草を原資料として、慈円の没後100年余を経た1328年(嘉暦3)百首歌の類聚(るいじゅう)が成り、さらに18年後その他の部分を増補して完成した。その本は五巻本と思われ総歌数5900首余(題歌や他人歌を含む)であるが、なお未収の百首歌3種、五十首歌1種などが別に伝わる。
 一方、七巻本も成立過程で生じた異本らしいが、総歌数は五巻本より少なく、相互に出入りもある。『拾玉集』は『新古今集』入集歌数第2位(92首)の歌人慈円研究の根本資料であるが、新古今風から外れた自由奔放な詠風もみられる。[藤平春男]
『多賀宗隼編『校本拾玉集』(1966・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拾玉集の関連キーワード六家集家集古備前井蛙抄備後物阿弥陀聖二句神歌半首彦成王《鎌倉右大臣家集》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone