コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民撰議院 みんせんぎいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民撰議院
みんせんぎいん

国民から選挙された議員によって構成される議院。神授権の原理にたつ絶対君主の統治手段であった官僚制に対して,市民階級により,国民主権原理に基づく政治手段として主張され獲得されるにいたった政治機関。日本では,1874年前参議板垣退助副島種臣後藤象二郎江藤新平らが明治政府を少数の藩閥有司による専制であると非難し,これを是正するため,民撰議院すなわち国会を開設すべきことを主張し,民撰議院設立建白書を提出,初めて国会開設が政治的争点として浮上した。 89年大日本帝国憲法に基づいて衆議院が設置されたが,その機能は制限され,選挙権も直接国税 15円以上を納付している 25歳以上の男子に限定された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

民撰議院の関連キーワード民撰議院設立建白書(抄)民撰議院設立建白書国会開設請願運動自由民権運動大井憲太郎岡本健三郎天賦人権論日新真事誌片岡健吉愛国公党自由民権佐賀の乱小室信夫加藤弘之自由党史私擬憲法征韓論古沢滋立志社左院

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民撰議院の関連情報