コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民撰議院設立建白書(読み)ミンセンギインセツリツケンパクショ

大辞林 第三版の解説

みんせんぎいんせつりつけんぱくしょ【民撰議院設立建白書】

1874年(明治7)板垣退助・江藤新平ら八名によって政府に提出された意見書。政府専制の弊害を批判し、民撰議院(国会)の一日も早い開設を要請したもの。自由民権運動の端緒を開いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民撰議院設立建白書
みんせんぎいんせつりつけんぱくしょ

1874年(明治7)1月17日、前参議板垣退助(たいすけ)、後藤象二郎(しょうじろう)、江藤新平(しんぺい)、副島種臣(そえじまたねおみ)、前東京府知事由利公正(ゆりきみまさ)、前大蔵大丞(だいじょう)岡本健三郎および起草者である古沢滋(ふるさわしげる)(迂郎(うるお))、小室信夫(こむろしのぶ)の8名が署名し、政府に対して最初に国会開設を要望した建白書で、自由民権運動の発端となった歴史的文書。征韓論に敗れて下野した板垣ら前参議は、イギリスから帰国した古沢・小室らの意見を聞き、74年1月12日に愛国公党を結成して反政府運動に乗り出した。「天の斯民(しみん)を生ずるや之(これ)に附与するに一定動かすべからざるの通義権理を以(もっ)てす」という天賦(てんぷ)人権論にたって、専制政府を批判して、君民一体の政体をつくらない限り帝国の隆盛はないといい、士族および豪農商に参政権を与えよと主張した。この建白書をめぐって、政府や明六(めいろく)社は時期尚早と反対したが、自由民権思想はしだいに国民各層の間に浸透した。[後藤 靖]
『原口清著『日本近代国家の形成』(1968・岩波書店) ▽後藤靖著『天皇制形成期の民衆闘争』(1981・青木書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民撰議院設立建白書の関連情報