気の所為(読み)キノセイ

  • きのせい〔セヰ〕
  • の 所為(せい)
  • 気の▽所為

デジタル大辞泉の解説

実際にはそうでないのに、自分の心の状態が原因でそのように感じられること。「気のせいか、鳥の声がする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

実際には存在しない現象を見聞きしたり、理由のない感情を持ったりするなど、原因が自分の心の持ち方にあること。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「はてな、巫女(いちこ)の㒵(かほ)までが、気(キ)の所為(セヰ)かこはくなるぜヱ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android