コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気相重合 きそうじゅうごう gas(vapor) phase polymerization

1件 の用語解説(気相重合の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きそうじゅうごう【気相重合 gas(vapor) phase polymerization】

高分子化合物を原料のモノマー(単量体)から合成するのに,そのモノマーが気相の状態で行う重合反応をいう。重合開始剤あるいは触媒は反応系を流動状態にして気相に懸濁させる。生成する高分子(ポリマー)は微粉状で得られる。反応のために溶媒や水を使わないので,その分離や回収のための装置が不要となる点がこの方法の利点である。ポリエチレンの製造に一部行われている。【井上 祥平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

気相重合の関連キーワード高分子化学高分子化合物高分子電解質重合単量体分子化合物モノマー機能性高分子架橋高分子効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone