コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気相重合 きそうじゅうごうgas(vapor) phase polymerization

世界大百科事典 第2版の解説

きそうじゅうごう【気相重合 gas(vapor) phase polymerization】

高分子化合物を原料のモノマー(単量体)から合成するのに,そのモノマーが気相の状態で行う重合反応をいう。重合開始剤あるいは触媒は反応系を流動状態にして気相に懸濁させる。生成する高分子(ポリマー)は微粉状で得られる。反応のために溶媒や水を使わないので,その分離や回収のための装置が不要となる点がこの方法の利点である。ポリエチレンの製造に一部行われている。【井上 祥平】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android