気賀勘重(読み)きが・かんじゅ

朝日日本歴史人物事典の解説

気賀勘重

没年:昭和19.11.11(1944)
生年:明治6.3.15(1873)
明治から昭和期にかけての経済学者。静岡県浜松出身,農業・三輪家の子。16歳まで農業に従事したのち,慶応義塾へ入学。明治28(1895)年,同文学科卒業。卒業後一時帰郷し結婚して気賀姓を継ぐ。32年,慶応義塾より派遣されてドイツへ留学。ゲッチンゲン,ライプチヒ,ベルリンの各大学で学び,1902年,『日本の銀行制度』(ドイツ語・ライプチヒで刊行)でPh.D.を受ける。翌明治36年帰国後,慶応義塾経済学教授として,理論から政策まで広く講義,著述するとともに,ドイツ,オーストリア経済学の紹介,訳業にも努めた。<参考文献>『慶応義塾百年史・大学編』

(玉置紀夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android