気障がる(読み)きざがる

  • きざが・る

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他ラ四〙 (「がる」は接尾語) 心配したり、気にさわって不快に思ったりする気持を態度に現わす。
※歌舞伎・富岡恋山開(1798)発端「すべて女郎がきざがる急ぎなれば」
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)初「どうで私も此様(こん)な我儘もんだから、三度に一度は、おまへにも気障(キザ)がられることも有だろうけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android