コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気障 キザ

2件 の用語解説(気障の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐ざ【気障】

[名・形動]《「きざわ(気障)り」の略》
服装や言動などが気どっていて嫌な感じをもたせること。また、そのさま。「気障な話し方」
気にかかること。心配なこと。また、そのさま。
「化物が…顕れているのぢゃあねえかと思ふから、些(ちっ)と―なところがあらあな」〈滑・七偏人・五〉
不快な感じを起こさせること。また、そのさま。
「そのすうすうとすすり込む音が何分(なにぶん)―だ」〈滑・浮世風呂・四〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きざ【気障】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「きざわり」の略〕
服装・態度やものの言い方などが気取っていて、いやみな・こと(さま)。 「 -な奴」 「 -なせりふ」
気がかりなこと。また、そのものやそのさま。 「あたらしい通ひに-な引残り/柳多留 5
相手にいやな感じを与えること。また、そのものやそのさま。 「おつと-をいつたの。勘忍さつし/人情本・梅児誉美 3

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気障の関連情報