コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水の日・水の週間 みずのひ・みずのしゅうかん

1件 の用語解説(水の日・水の週間の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水の日・水の週間
みずのひ・みずのしゅうかん

水資源の有限性,水の貴重さ,水資源開発の重要性について国民の関心を高め,理解を深めるために 1977年から始められたもの。毎年8月1日を「水の日」,この日を初日とする1週間を「水の週間」として,主唱者の国土交通省をはじめ関係各省庁,地方公共団体水資源機構などが中心となって各種の行事が実施される。初年度には「水」の展示会や映画,水資源開発施設の見学会,街頭 PRなどが開催された。これには,日本の水需要が生活水準の向上や経済の進展などに伴って著しく増大してきたのに,水資源開発が次第に困難となり,全国各地で水不足の発生が危惧されてきたことなどの背景がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone