コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水上家屋 すいじょうかおく

1件 の用語解説(水上家屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水上家屋
すいじょうかおく

日常生活の場として用いる漁船やはしけ,行商船および漂泊移動漁民が定住する過程で陸に係留する小舟,あるいは杭上住居,水上に張出した家屋などをいう。今日でもアンダマン海ベイッ諸島のモーケン族,タイやベトナム水上生活者フィリピン南部スル海域のサマール族,ホンコンの蛋民 (たんみん) ,日本の家船 (えぶね) などが,通常,小家族単位で水上家屋に居住している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone