コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水上家屋 すいじょうかおく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水上家屋
すいじょうかおく

日常生活の場として用いる漁船やはしけ行商船および漂泊移動漁民が定住する過程で陸に係留する小舟,あるいは杭上住居,水上に張出した家屋などをいう。今日でもアンダマン海ベイッ諸島のモーケン族,タイやベトナム水上生活者,フィリピン南部スル海域のサマール族,ホンコンの蛋民 (たんみん) ,日本の家船 (えぶね) などが,通常,小家族単位で水上家屋に居住している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

水上家屋の関連キーワードコンポンプルックトンレバティ湖コタ・キナバルムアラムンタイキエンスバイチョンクニアカストロダバオ湾

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android