コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水上家屋 すいじょうかおく

1件 の用語解説(水上家屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水上家屋
すいじょうかおく

日常生活の場として用いる漁船やはしけ,行商船および漂泊移動漁民が定住する過程で陸に係留する小舟,あるいは杭上住居,水上に張出した家屋などをいう。今日でもアンダマン海メルギー諸島モーケン族,タイやベトナム水上生活者フィリピン南部スル海域のサマール族,ホンコンの蛋民 (たんみん) ,日本の家船 (えぶね) などが,通常,小家族単位で水上家屋に居住している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水上家屋の関連キーワードADL実生活実理愛しけやし猥瑣ガレージハウス路上生活者IUU漁船日常生活活動度エスマイル