コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高温岩体発電 こうおんがんたいはつでんhot‐dry rock geothermal energy

知恵蔵の解説

高温岩体発電

地熱発電」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうおんがんたい‐はつでん〔カウヲンガンタイ‐〕【高温岩体発電】

地熱発電の発電方式の一つ。地下の高温岩体に高圧の水を送り込み、熱水の滞留層で蒸気にし、タービンを回すことで発電を行う。天然の熱水や蒸気が乏しい場合に利用される。高温岩体地熱発電

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高温岩体発電
こうおんがんたいはつでん
power generation by hot dry rock

高温の貫入火成岩の岩体に,水を注入して蒸気に変え,その蒸気を使って発電を行なうプロジェクト。欧米で開発・研究が進められているが,日本でも山形県肘折温泉で実験が行なわれている。高温岩体中には割れ目がないため,人工的に水の通路をつくることが必要で,井戸の中に高圧の水を送り,この水の圧力と地圧との差を利用して割れ目をつくる,水圧破砕法が用いられている。しかし,目に見えない地下で,設計どおりに割れ目をつくる作業には技術的な困難が常に伴っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android