コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高温岩体発電 こうおんがんたいはつでん hot‐dry rock geothermal energy

3件 の用語解説(高温岩体発電の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

高温岩体発電

地熱発電」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうおんがんたい‐はつでん〔カウヲンガンタイ‐〕【高温岩体発電】

地熱発電の発電方式の一つ。地下の高温岩体に高圧の水を送り込み、熱水の滞留層で蒸気にし、タービンを回すことで発電を行う。天然の熱水や蒸気が乏しい場合に利用される。高温岩体地熱発電

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高温岩体発電
こうおんがんたいはつでん
power generation by hot dry rock

高温の貫入火成岩の岩体に,水を注入して蒸気に変え,その蒸気を使って発電を行なうプロジェクト。欧米で開発・研究が進められているが,日本でも山形県肘折温泉で実験が行なわれている。高温岩体中には割れ目がないため,人工的に水の通路をつくることが必要で,井戸の中に高圧の水を送り,この水の圧力と地圧との差を利用して割れ目をつくる,水圧破砕法が用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高温岩体発電の関連キーワード自噴地熱発電マグマだまりマグマ混合マグマ溜まりミグマ-マグマ地下水マグマ性過程マグマ溜り桜島火山さく井工事(建設業許可の一種)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone