水心あれば魚心(読み)みずごころあればうおごころ

精選版 日本国語大辞典「水心あれば魚心」の解説

みずごころ【水心】 あれば 魚心(うおごころ)

(「魚心あれば水心」を逆にいったもの) 相手が自分に好意を持てば、自分も相手に好意を持つ用意があることのたとえ。相手の態度によってこちらの態度も決まる。
※浮世草子・立身大福帳(1703)一「水ごころあれば魚心あって、宿屋の馳走をただおくべきやうもなければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android