コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水戸納豆 みとなっとう

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

みとなっとう【水戸納豆】


茨城県水戸市名産の納豆。煮た大豆納豆菌を加え、わらづとに詰めて室に入れ発酵させた糸引き納豆。大豆は小粒のものを用いる。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

水戸納豆[加工食品]
みとなっとう

関東地方、茨城県の地域ブランド。
水戸を代表する発酵食品。水戸が小粒大豆の産地であったため、水戸での納豆づくりが盛んになった。1889(明治22)年、水戸鉄道(現・JR水戸線)の水戸―小山間が開業すると、駅前で藁苞納豆が売り出され、評判となった。その後、1936(昭和11)年には鉄道共済会と契約、駅のホームでの本格的な販売が始まり、水戸の名物として定着した。現在では、全国で販売されている納豆の半分以上が茨城県産。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

水戸納豆の関連キーワード水戸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水戸納豆の関連情報