水枕(読み)ミズマクラ

大辞林 第三版の解説

みずまくら【水枕】

中に水や氷を入れて頭を冷やすのに用いる、ゴム製の枕。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水枕
みずまくら

水または氷を入れるゴム製の枕。発熱時や体熱感のあるとき、心身の安楽をもたらすために用いる。氷を用いるときはクルミ大に割り、ざるに入れ、水をかけて角をとる。これを水枕の容量の3分の1から3分の2ほど入れたあと、ごろごろした不快感をなくすため、氷の間隙(かんげき)を埋める水を少量入れる。水枕は、後頭部に密着することがたいせつなので、枕の中の空気を抜いて専用金具で口を留め、水漏れのないことを確かめて、水滴をふきカバーをかける。凍傷や感覚麻痺(まひ)をおこさないようにカバーの厚さや使用時間を調整するほか、肩の部分に水枕が当たらないように注意する。また、家庭用の冷凍庫に入れて薬品を凍らせ、水枕同様に用いる製品も市販されているが、使用時の注意点は水枕と同じである。[山根信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水枕の関連情報