コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水枕 ミズマクラ

デジタル大辞泉の解説

みず‐まくら〔みづ‐〕【水枕】

ゴム製の、中に水やを入れて使う発熱のときなどに、頭を冷やす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずまくら【水枕】

中に水や氷を入れて頭を冷やすのに用いる、ゴム製の枕。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水枕
みずまくら

水または氷を入れるゴム製の枕。発熱時や体熱感のあるとき、心身の安楽をもたらすために用いる。氷を用いるときはクルミ大に割り、ざるに入れ、水をかけて角をとる。これを水枕の容量の3分の1から3分の2ほど入れたあと、ごろごろした不快感をなくすため、氷の間隙(かんげき)を埋める水を少量入れる。水枕は、後頭部に密着することがたいせつなので、枕の中の空気を抜いて専用金具で口を留め、水漏れのないことを確かめて、水滴をふきカバーをかける。凍傷や感覚麻痺(まひ)をおこさないようにカバーの厚さや使用時間を調整するほか、肩の部分に水枕が当たらないように注意する。また、家庭用の冷凍庫に入れて薬品を凍らせ、水枕同様に用いる製品も市販されているが、使用時の注意点は水枕と同じである。[山根信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水枕の関連キーワード稲森 宗太郎西東三鬼あせも救急車

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水枕の関連情報