コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水棺 スイカン

1件 の用語解説(水棺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すい‐かん〔‐クワン〕【水棺】

原子炉冷却材喪失事故LOCA)が発生した際に、原子炉を安定的に冷却するために、原子炉格納容器を水で満たす措置。平成23年(2011)3月の東日本大震災に伴う福島第一原発事故で1号機に対して冠水作業が開始されたが、格納容器から漏水し、炉心溶融が起きていたことが判明したことから、水棺の作業は中止された。
[補説]チェルノブイリ原発事故で、放射性物質の拡散を防止するために、事故を起こした4号炉をコンクリート建造物で封鎖した措置を「石棺」と呼んだことになぞらえて、この冠水措置は「水棺」と呼ばれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水棺の関連キーワード加圧水型原子炉軽水炉コールダーホール型原子炉冷却材炉心緊急炉心冷却装置ECCS一次冷却水ウオーターボイラー型原子炉原子炉格納容器