コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水海道[市] みつかいどう

2件 の用語解説(水海道[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

水海道[市]【みつかいどう】

茨城県南西部の旧市。1954年市制。鬼怒川下流域を占め,中心市街はその河港として発展,常総地方での商業中心地であった。東は小貝川を隔ててつくば市に,西は岩井市(現・坂東市)に接する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつかいどう【水海道[市]】

茨城県南西部の市。1954年市制。人口4万2683(1995)。鬼怒川下流に位置し,常総台地上に市街が開ける。江戸時代初期の利根川・鬼怒川改修工事によって江戸との舟運が活発となり,常総各地の物資集散地として急速に発達,六斎市も立った。明治10年代から大正初期までは利根運河江戸川経由で外輪蒸気船が東京まで通った。1914年常総鉄道(現,関東鉄道常総線)の開業で舟運は衰退したが,商業的機能は存続し,地方商業都市となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

水海道[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone