コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常総市 じょうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常総〔市〕
じょうそう

茨城県南西部,関東平野のほぼ中央にある市。市の中央を鬼怒川,東部を小貝川が南北に流れる。 2006年水海道市が石下町を編入,常総市に名称変更した。鬼怒川水運とともに発展した河岸集落で,江戸時代には河川交通の玄関口にあたり,物資の集散地として栄えた。鉄道の発達によって水運が衰え一時衰微したが,都心から 55km圏内にあるため,工場,住宅が進出し,東京への通勤者も増加している。農村部は水田が開け米作が行なわれるほか,キュウリ,ハクサイ (白菜) ,スイカなど都市向け野菜を多産。北部石下地区は平将門の本拠地であったとされ,石下紬の産地として知られている。中部の大生郷にある坂野家住宅は国の重要文化財。国道 294号線,354号線,関東鉄道常総線が通る。面積 123.64km2。人口 6万1483(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうそう‐し〔ジヤウソウ‐〕【常総市】

常総

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

常総市の関連キーワード茨城県常総市伊左衛門新田町茨城県常総市古間木沼新田茨城県常総市大生郷新田町茨城県常総市横曽根新田町茨城県常総市笹塚新田町茨城県常総市東町新堤付茨城県常総市三坂新田町茨城県常総市左平太新田茨城県常総市孫兵ヱ新田茨城県常総市古間木新田茨城県常総市東町川西茨城県常総市東町荒句茨城県常総市相野谷町茨城県常総市東町関場茨城県常総市新井木町茨城県常総市東町平立茨城県常総市東町堤向茨城県常総市東町堤付茨城県常総市豊岡町丙茨城県常総市豊岡町丁

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常総市の関連情報